受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる

サイトメニュー

生活に困った場合

女性

活用方法と受給資格の基本

仕事などで、うつ病になる人は少なくありません。特に、真面目な人ほどうつ病になりやすい傾向があります。この時、会社に通える程度ならば問題ありませんが、会社に通うことができない状態だと休む以外に方法は無いと言えるでしょう。当然その間生活費を稼ぐことができませんのでその間の資金をなんとかしなければなりません。会社員ではなくパートやアルバイトの場合には傷病手当をもらう事は難しいですので、障害年金をもらうことになるでしょう。活用方法は、生活費に充てることが基本になりますが、もともとそれほど大きな金額をもらうことができません。ただ、アルバイトやパートの場合には障害年金だけで生活をすることが決して難しくないでしょう。気になる1年間の支給金額ですが、1級と2級に分かれており1級の場合は99万円までもらうことが可能になります。これに対して、2級の場合には79万円までの支給額になることを覚えておきましょう。生活費以外の活用方法は、自分で新しい仕事を見つけるときの活動費用等に充てる方法もあります。うまく使えば、満足できる結果が出るでしょう。
障害年金を利用するならば、受給資格に該当しなければなりません。そもそも、受給資格に該当しなければ活用方法などを考えても意味がないからです。そこで、障害年金がうつに適用されるかが問題になりますが、この点は問題なく適用されると考えて良いでしょう。怪我をした場合や入院した場合だけでなく、うつ病などのように精神面の病気の場合にも適用されることになっています。形式的な要件としては、初診の月の2ヶ月前までの被保険者期間の中で国民年金の保険料納付済期間と免除期間が3分の2以上あることが必要です。これはどのような意味かと言えば、例えば4月30日に病院に行き初めてうつ病の治療をしたとします。4月を基準としてその2ヶ月前だと2月になりますので、2月から4月30日間に保険料の支払いと免除期間が全体の3分の2の日にちに及んでいれば問題ありません。3分の2だとおよそ2ヶ月の間に保険料の支払いがされているか、保険料の支払いがされていない場合でも免除期間と合わせておよそ2ヶ月の期間が経過していれば障害年金がもらえることになります。

Copyright© 2019 受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる All Rights Reserved.