受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる

サイトメニュー

受給して治療に専念する

を抱える女性

2つの基準を満たしていれば受給が可能

現代はストレスが多くうつ病になる人が増えていますが、うつ病を治すには時間がかかります。そのため、経済的な事を考えてなかなか治療に専念できない人も多いですが、うつ病と診断されると障害年金を受給することができます。もらえる金額は等級や年金の種類によって異なりますが、年間60万円から100万円ほどが相場です。ただ、うつ病と診断されたら誰でも受給できるわけではなく、2つの基準を満たしている必要があります。1つ目は初診日の前日の時点で前々月までの公的年金加入期間の3分の2以上の期間の保険料が納付されていることです。保険料が納付されていなければ、障害年金を受け取ることはできません。2つ目は、うつ病の程度が日本年金機構が定める基準に達していることです。認定の基準は1級から3級まであり、1級が最も重度となります。3級は仕事に支障が出るレベル、2級は日常生活が制限される、1級は常に援助が必要な状態です。これらの条件を満たしていれば、障害年金が受けられます。
うつ病で障害年金を受給することによるデメリットは、大きく3つのことがあげられます。まずは、家族の扶養から外れることがあることです。障害年金も含めて1年に180万円以上の収入があると、家族の扶養から外れ自分で国民年金や国民健康保険を支払わなければなりません。アルバイトやパートをしている場合は、180万円を超えることがあるので気をつけましょう。2つ目は配偶者が寡婦年金をもらえなくなる可能性があることです。自営業で国民年金を納めている場合、当事者が亡くなった後に配偶者が年金をもらえる寡婦年金という制度があります。しかし、障害年金をもらっていた場合、寡婦年金がもらえなくなってしまいます。3つ目は、国民年金の加入者が亡くなった時に家族に支払われる死亡一時金がもらえなくなることです。しかし、これらのデメリットを合わせても、障害年金を受け取るメリットの方が上回ります。そのため、うつ病になったら無理をせずに、障害年金を受給して治療に専念するとよいでしょう。

Copyright© 2019 受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる All Rights Reserved.