受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる

サイトメニュー

病気をサポートしてもらう

カウンセリングを受ける男性

症状が重いなら金銭的サポートしてもらおう

障害年金は手や足などの身体の障害に関することのみに対応しているわけではなく、心の疾患にも対応しているシステムです。そのため、うつ病で働けない状況になっているのなら、国から金銭的なサポートを受けることを考えましょう。うつ病で通院を開始して一年と六ヶ月が経っていれば、申請できる可能性があるので、障害年金のサポートを希望するなら申請方法を調べてみましょう。なお、障害年金を受給したいと考えるほど、うつ病の症状が重い方は、外にでるのもつらい状況もあるはずです。そうなると、役所を何回も訪れなければいけない申請はつらくてこなせないと考えるかもしれません。そのときは、障害年金の申請を代わりに行ってくれる法律の専門家がいるので、そちらに頼むことを考えましょう。メールや電話での相談を受けつけているところもあるため、外出するのが無理な方でも、これから何をすればよいのか教えてもらえます。お金のサポートは現在の苦しい生活から抜けだすために使えるので、余計な遠慮はせずに申請しましょう。
うつ病になって障害年金をもらいたいと考えているのなら、どのくらいの金額になるか気になっているはずです。現在、国民年金に加入しているのなら、一級の障害だと認められた場合は年間で974125円もらえて、二級の障害だと認められた場合は779300円もらえるようになります。これは最低の金額の場合で、子供がいれば、さらに金額をプラスしてもらうことができます。厚生年金に入っていれば、さらにいろいろな条件が付与されて、もらえる金額が増える可能性が高いです。ちなみに、国民年金の加入者の場合は二級までしかもらえませんが、厚生年金の加入者の場合は三級でも受給が可能です。もしも、うつ病で三級の障害だと認められた場合は、障害年金の最低額が584500円となっています。きちんとした金額を知りたいのなら、面倒な計算が必要になるため、専門家に計算してもらいましょう。うつ病の方が一人で悩んでいては、症状を悪化させてしまう可能性があるので、できる限り早く専門家に依頼をして助けてもらうことをおすすめします。

Copyright© 2019 受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる All Rights Reserved.