受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる

サイトメニュー

生活に困った場合

女性 うつで障害年金を利用する目的は、主に生活費になります。金額は100万円より少ないですがうまく利用すれば問題ありません。受給条件ですが、初診日の月とその2ヶ月前の月の間で支払い期間と免除期間の合計が3分の2以上ならば問題ありません。

詳しく見る

受給して治療に専念する

を抱える女性 うつ病で障害年金を受け取るには、公的年金を支払っていること、日本年金機構が基準とするうつ病の認定基準に達している必要があります。障害年金を受け取ると扶養家族から外れたり、寡婦年金や死亡一時金がもらえなくなったりするなどのデメリットがあります。

詳しく見る

病気をサポートしてもらう

カウンセリングを受ける男性 心の疾患であるうつ病も障害年金の対象となっているので、困った状況にいるのなら申請を考えましょう。いくらもらえるのかは、個人の状況によって異なるため、知りたい場合は専門家に相談し、計算してもらうことをおすすめします。

詳しく見る

どうやって申請するか

悩む成人女性 障害年金の受給には申請が必要です。うつ病治療を始めて、1年6か月が経過しているのなら、要件を満たしていれば、すぐに医師の相談することが大事です。受給額を左右する障害の程度を含む診断書を正確に作成してもらい、認定日請求をするとスムーズです。

詳しく見る

診断直後の手当請求の事例

病院内 20歳を過ぎてから障害と診断されても、障害年金の請求はできます。最近うつ病になったとわかったら、実は別の先天性・後天性の障害のせいだったということもあります。診断書だけで、請求が可能なケースもあるので、社労士さんに相談しましょう。

詳しく見る

受給するために必要なこと

医者

受給の認定基準

うつ病で障害年金を申請する時に気をつけることは、特に重要な認定基準となる「日常生活能力の判定」と「日常生活能力の程度」がしっかりと診断書に反映されていることです。医師の前で元気に振舞っていたり、日常生活での不都合をありのままに話せていなかったりすると、日常生活能力が診断書にきちんと反映されません。そうなると、日常生活に支障がないとみなされ障害年金を受給できなくなる可能性もあるので気をつけましょう。また、うつ病で障害年金を申請できるのは、初診日から1年6ヶ月以降となりますが、精神科に最初に受診した日が初診日というわけではありません。不眠や頭痛などで別の科で診察を受け、うつ病に関わる病気だと判断された場合は、その日が初診日になります。障害年金は働いている人はもらえないという決まりはありませんが、働いていることにより日常生活能力があると判断されることがあります。仕事の内容や仕事での援助の内容、他の従業員とのコミュニケーションの状況などをしっかり伝えるようにしましょう。
うつ病であっても、すべての人に障害年金がおりるわけではありません。受給できなかった事例としては、保険を一定期間以上未納にしていた場合です。障害年金とは保険の一種であるため、国民年金や厚生年金を納めていることが条件となります。厳密に言うと、保険の納付期間のうちの3分の1以上未納の期間があると、受給することはできません。また、障害認定日の診断書が入手できず、受給できなかったという事例もあります。初診日がかなり昔で、カルテなどが破棄されている場合は、受給することができません。その他の事例としては、うつ病での障害年金を申請したのが20歳未満であった場合です。年金に加入する以前の年齢であるため、障害年金の対象となりません。同じように、65歳を過ぎてからうつ病になった人も、保険に加入していないため受給はできません。スムーズに受給できるようにするには、障害年金の制度に詳しい社会労務士に相談するなどして、正確な知識を取り入れてから申請するようにしましょう。

Copyright© 2019 受給するためには日常生活能力を診断書に反映させる All Rights Reserved.